ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5315E

永友古書店

あらすじ 「ねえ、それはなにしてんのかな?」「ちょっと静かにしててください」親父が死んで、過去に囚われ、保険金ニートに成り下がった身動き取れない俺の前に突如現れたちょっとアレな女子高生。で、そいつはいきなり本読みまくった。意味わからん。でもそのときすでに人生のターニングポイントが始まっていたみたいです。
作者名 松本 由樹彦
キーワード 本屋 父親 親子 ドキドキ ほのぼの 恋愛 エンターテイメント 青春 現代(モダン)
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2008年 06月26日 13時09分
最終部分掲載日 2008年 08月07日 09時15分
感想 36件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 188件
総合評価 770pt
ポイント評価 196pt  : 198pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 79,749文字
N8026K| 小説情報| 完結済(全18部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
16歳の山田伸時と後藤智花は、小1の秋の遠足の前の日から付き合っている。寒そうな夢の国に行ったり、ひざを痛めたり、鼻の中を刺激しあったり、からあげを買ったり、している。
N8693J| 小説情報| 完結済(全13部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
16歳の山田伸時と後藤智花は、小1の秋の遠足の前の日から付き合っている。死んだカラスを見たり、輪ゴムを飛ばしたり、古いセロテープを探したり、している。
N5315E| 小説情報| 完結済(全17部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
「ねえ、それはなにしてんのかな?」「ちょっと静かにしててください」親父が死んで、過去に囚われ、保険金ニートに成り下がった身動き取れない俺の前に突如現れたちょっとアレな女子高生。で、そいつはいきなり本読みまくった。意味わか//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ