ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5260BK

星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる

あらすじ 俺は惑星をひとつ貰った。正確には【星の守護者】というものになった。  俺はこの星を自由にしていいそうだ。開発をしてもいいし、資源を売り払ってもいい。他の星から移住させてもいいらしい。この星の住人として暮らすか、神として君臨するか。好きにしていいんだから、いろいろやってみることにする。
書籍情報:「星をひとつ」全4巻、「新・星をひとつ」1巻~(共にNMG文庫より)
作者名 もぎ すず
キーワード R15  SF 宇宙 惑星 ほのぼの 経営
ジャンル 宇宙〔SF〕
掲載日 2012年 11月06日 13時47分
最新部分掲載日 2018年 01月06日 18時00分
感想 1,031件
※ログイン必須
レビュー 5件
ブックマーク登録 18,667件
総合評価 71,142pt
ポイント評価 16,581pt  : 17,227pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 634,457文字
N3432EA| 小説情報| 連載(全288部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
■毎日18時に投稿します。  元日本人の青年が、オーガ族のゴーランとして魔界に転生した。  魔界はいま、あちこちで戦争が勃発し、戦国時代さながらの下克上。加えて、魔界の住民もヒャッハーな奴らばかり。  半歩下がると2歩踏//
N5260BK| 小説情報| 連載(全196部分) | 宇宙〔SF〕
俺は惑星をひとつ貰った。正確には【星の守護者】というものになった。  俺はこの星を自由にしていいそうだ。開発をしてもいいし、資源を売り払ってもいい。他の星から移住させてもいいらしい。この星の住人として暮らすか、神として君//
N9593DL| 小説情報| 完結済(全664部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
■完結しました! 昼間はパン屋の息子、夜は暗殺者と二重生活を続けるレオンは、ある日竜に選ばれて、竜操者になることが決まってしまった。 竜の学院に通い、無事シャラザードという竜を得ることができた。 「学院を卒業したら、//
N3885EA| 小説情報| 連載(全3部分) | その他〔その他〕
『前略母さん、魔界は今日も世紀末(ヒャッハー)です』の設定集です。
N2779DW| 小説情報| 連載(全12部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
南方諸国のとある町。 田舎から出てきたフィリエ(17歳)は、生来の不器用が災いして仕事をクビに。 幸せになれるという噂を信じて森の泉へ向かい、そこでフィリエは赤い竜ターヴェリと出会った。 運命が動き出すガール・ミーツ・ド//

トラックバック []

愉快な仲間と豪運でSFを「星をひとつ貰っちゃ - 読書家のPC生活

星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる あらすじ 俺は惑星をひとつ貰った。正確には【星の守護者】というものになった。  俺はこの星を自由にしていいそうだ。開発をして
URL:http://dokusyoka.com/post-1700

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n5260bk

星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやって - チラシの裏の読書感想文

星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる俺は惑星をひとつ貰った。正確には【星の守護者】というものになった。  俺はこの星を自由にしていいそうだ。開発をしてもいいし、
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-1474.html

「星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやっ - 言の笹舟 web小説レビューサイト

 HP:小説家になろう 場所:星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる  原作:オリジナル 作者:もぎ すず (旧suzu) 様 とにかく豪運の主人公。超天才児のみが受かると
URL:http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/blog-entry-875.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ