ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5064DY

愚者と賢者の住む森で *竜の秘術と赤銅の乙女*

あらすじ  竜族の血をひく偏屈だが有能な魔導師バルドに憧れていた少女マルグリットは、父母に内緒で家を出て、辺境の地で暮らしていると噂されていた老魔導師の元に弟子入り志願とある事情から押し掛けます。
 そこで出逢ったのは、銀の髪が印象的な竜の魂を持つ青年ジルフェ。
 少女は彼が長年さがし続けた番でありました。

マルグリットと、老魔導師バルドとその養い子達との物語。

 ★チマチマ不定期更新します。
  竜を題材にしていますが、竜自体は後半迄出番なしです。
  シリーズとして先祖(人×竜)の馴れ初め話も有ります。

 マルグリット・ティア・エヴァーランス
 赤銅(人前では金髪)色の波打つ髪に碧の瞳を眼鏡で隠した公爵家末子。17歳。水竜・闇竜・風竜の血脈。
 ジルフェ
 銀髪に紅茶色の瞳・褐色の肌と頬に聖痕をもつ青年。33歳。
 炎竜の魂を持って生まれた為、幼少期にバルドの養子として迎えられる。光竜の血脈。
 バルド
 黒髪に紫の瞳の老魔導師。70代(魔術で外見年齢を気分で変化)。門扉の森で養子達と暮らす元賢者。闇竜の血脈。
作者名 灰月
キーワード R15  年の差 異世界 ハッピーエンド? 竜 魔法 弟子 師匠 女主人公 魔導 魔術 番
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 04月29日 00時44分
最新部分掲載日 2017年 07月30日 00時00分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 15件
総合評価 37pt
ポイント評価 3pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 54,327文字
N1381EG| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 短編『貴方に捧げる別れ詩』の裏版。  君が私以外を選ぶというのならば、その前に奪おうか。  欠片も残さず手に入れるには時間と準備が必要だろう? *****  ※明るい物語ではありません。   やっぱり病んでます。//
N6715DZ| 小説情報| 連載(全25部分) | 異世界〔恋愛〕
   かつてガルディア王国の片隅に竜の魂を持って産まれた少女がいた。  《竜魂の巫覡》と呼ばれ現人神として敬われるはずの尊き存在は、閉じた集落で白髪金眼の異相を疎まれ『人喰い竜』への貢ぎ物として生かされていた。  年頃に//
N0370EE| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 長年連れ添った『旦那様』の死出の直前。  夫へ捧げる冥土の土産は、あの日からずっと決めていました。  どうぞ受け取ってくださいまし。 *****  明るい物語ではありません。  病んでますので、ご注意下さい。//
N5064DY| 小説情報| 連載(全26部分) | 異世界〔恋愛〕
 竜族の血をひく偏屈だが有能な魔導師バルドに憧れていた少女マルグリットは、父母に内緒で家を出て、辺境の地で暮らしていると噂されていた老魔導師の元に弟子入り志願とある事情から押し掛けます。  そこで出逢ったのは、銀の髪が印//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ