ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5041FK

魔王の看取り

あらすじ 魔王の脅威に脅かされてきた世界。

魔王城を攻略しその最深部に辿りついた勇者達が目にしたのは、病に侵され今にも息絶えようとしている魔王の姿だった。

衰弱しきった魔王を前にして勇者達は魔王を倒すのではなく、魔王を看取る事を決める。
作者名 志雄崎あおい
キーワード 魔王 勇者 終末看護 ざまぁしない
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2019年 04月02日 13時02分
最終部分掲載日 2019年 04月05日 09時23分
感想 16件
※ログイン必須
レビュー 6件
ブックマーク登録 262件
総合評価 1,612pt
評価ポイント 1,088pt
誤字報告受付 受け付けています
※ログイン必須
開示設定 開示されています
文字数 17,860文字
N8567GD| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
チェリーブロッサムがブルームし始めるといつも俺は彼女をリメンバーする。
N5417GC| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
買い占め、ダメ、ゼッタイ。
N4204GC| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
300文字で天寿を全うした男の話
N1388GA| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
妻が久しぶりに料理を作ると言い出した。 しかし夫は料理を作る妻の姿に恐怖を感じる。 食べるのは危ない。本能的に危険を感じつつも出された怪しい料理を口にした時、夫は……。
N0863FZ| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ある雪の日、牧童の少年ヌルの元に一人の男が訪れる。 男はヌルに自らの馬の装蹄を頼む。 その男が連れていた馬は神が跨る馬とされるスレイプニルだった。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ