ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4906EI

目が見えない猫

短編
あらすじ  猫は不幸にも目が潰れた。すぐに死んでもおかしくなかった。それでも母猫は側に居続けた。親子が寄り添って二人三脚で歩む成長の物語。
 親子の言葉にならない愛を描いた感動系ほのぼの動物小説にしたかった!
作者名
キーワード ダーク 童話 ほのぼの 親子 感動 猫 ぬこ 涙
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 10月23日 15時41分
最終更新日 2017年 10月26日 00時42分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 7件
総合評価 84pt
ポイント評価 36pt  : 34pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,796文字
N4633EJ| 小説情報| 連載(全4部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
佐藤元気は結核だった。 当然「なんで治さないの?」という疑問が生まれるよね。でも違う。彼は「治せない」結核を患っていた。現代医療では治せない病気は患者が死ぬことで治す。だから元気は死んじゃった。元気のままで。 でもそ//
N3245EI| 小説情報| 完結済(全15部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
私は死にたかった。人生を1番最初からやり直したかった。人の山に埋もれ、才能の山に埋もれ私は何も出来なかった。そして私は目を閉じた...。
N4906EI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
 猫は不幸にも目が潰れた。すぐに死んでもおかしくなかった。それでも母猫は側に居続けた。親子が寄り添って二人三脚で歩む成長の物語。  親子の言葉にならない愛を描いた感動系ほのぼの動物小説にしたかった!
N5248EH| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
多重人格者の葛藤を描く意味不明の物語。意味不明にもきちんと意味はあるでしょう?
N4451EH| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
新体詩はたくさん見てきました。オリジナリティが溢れてる。でも愚図な私はそれすらできない。だから私は定型に則ってしか詩が書けない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ