ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4514EB

このゲーム。買うべきか、買わざるべきか

短編
あらすじ とあるゲームを買うかどうか悩んでいるというだけのエッセイです。
作者名 あやゆめ
キーワード ゲーム 信長 喜六郎
ジャンル エッセイ〔その他〕
掲載日 2017年 06月21日 18時08分
感想 8件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 46pt
ポイント評価 22pt  : 22pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,340文字
N1768DX| 小説情報| 連載(全183部分) | 歴史〔文芸〕
朝トイレに起きて立ちくらみで頭をぶつけたら、いつのまにか戦国時代の織田信長の弟、織田喜六郎になっていました。元はしがないアラサーリーマンです。しかも歴史には詳しくありません。戦国一の美少年になりましたが、アーッはありませ//
N7269EJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
ある秋の日、カップのフチ奈さんが…… 心が温かくなるお話をめざしました。
N3067EH| 小説情報| 連載(全4部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ある日目が覚めたら、知らないベッドにいました。―――そんなテンプレから始まる、鈴木聡真の異世界転生。病弱だった前世とは違って、ゲームのアバターで転生したので最強です。猫耳メイドさん、アサシン執事、天空の城なんとか、と共に//
N4514EB| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
とあるゲームを買うかどうか悩んでいるというだけのエッセイです。
N9476EA| 小説情報| 連載(全1部分) | 歴史〔文芸〕
「織田さんちの八男です」のこぼれ話になります。話によっては、本編と全く雰囲気の違う、暗くて重い話がありますのでご注意ください。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ