ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4450DI

賢者になったキジはしゃべるらしい

短編
あらすじ  田舎にある祖父母の家で昼寝から目覚めたら、キジがお腹の上にいました。いい声のキジは人の言葉をしゃべり、わたしに求婚するそうです。
作者名 さばみそに
キーワード 異類婚姻譚 ギャグ 現代 人外 文学フリマ短編小説賞
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2016年 06月02日 23時29分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 22pt
ポイント評価 8pt  : 8pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,115文字
N5040EL| 小説情報| 連載(全8部分) | 異世界〔恋愛〕
「……やられた」  ある朝、キト・タビーは鏡の前で大変悔しそうに、絞り出すような声でそうつぶやいた。その頭にはぴょこぴょこ動くネコミミが。  犯人は分かっている、あの困った幼馴染だ。趣味で怪しい薬を作ってはいつもいつも//
N1863DL| 小説情報| 連載(全51部分) | コメディー〔文芸〕
「こんばんは、今日は王女を誘拐しに来たんだ、旅に出よう」「まあ」 第三王女の部屋を訪れた魔王の言葉からはじまった、魔王と王女の2人旅。身分を隠すために、選んだ職業は「忍者A」と「くのいちA」。これはその旅の中で、「まあ」//
N8349EJ| 小説情報| 完結済(全13部分) | 異世界〔恋愛〕
 ラカリス・バレーヌは気が強い。双子の弟の事が大嫌いで、バカにされることも、可哀そうと思われることも大嫌いだ。  だから隙を見せないように周囲を睨み付けて生きてきた。だというのに奇妙なきっかけで出会ってしまったこの男は怯//
N5985DZ| 小説情報| 完結済(全8部分) | コメディー〔文芸〕
 ―村のはずれにある小さな泉には女神様が住んでいるんだよ。  小さなころに教会のお兄ちゃんから聞いた言葉を、アイベルは信じていたわけではなかった。けれどアイベルはそれにすがるしかなかったのだ。だからすがったのだが、すがっ//
N9248EA| 小説情報| 連載(全4部分) | 異世界〔恋愛〕
 女子高校生、塚井舞が黒い表紙の本に記された方法で”友達”召喚を試みたのは、友達が欲しいからだった。だから逆に、違う世界に”友達”として召喚されてしまっても、舞はそれを受け入れることにしたのである。だって彼も自分と同じ、//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ