ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4361EH

怪異に乙女とチェーンソー

あらすじ  奏矢ジュリは普段には普通の女子大生であるが、依頼があればその手に大型チェーンソーを持って、異形なる者どもに立ち向かう。

ジュリは普通の人間には手に負えない依頼を、警察や個人から請け負う。そしてが依頼あれば、様々な異形を相手にチェーンソーが火花を散らす。
相手が死者であろうが、ゾンビであろうが、妖精であろうが関係なくたたっ切る。
ジュリはチェーンソーと体術を用いて、異形なる化け物どもの首を落とし、袈裟切りにし、蹴り飛ばす。
依頼のため、異形の怪物を狩るため、そして生き残るために、今日もジュリはチェーンソーを手に取る。
怪異を相手に、物理で突き進むアクションスプラッタホラー。

挿絵はヨシツゴキヨシ様より頂きました!ありがとうございます!




・『第1章 舞宇道村(ぶうどうむら)』
ジュリは依頼者である浦河智也とともに、舞宇道村を訪れた。
「妻を……リオをお願いします……」
智也はジュリに妻の救出を依頼する。
だが、村に着いて現れたのは、醜く腐乱した動く死体ばかりであった。


・『第2章 妖精博物館』
ジュリは兄とともに、警察より依頼を受ける。
依頼内容は「博物館に現れた妖精を殲滅して欲しい」。
ジュリは手に持った大型チェーンソーを大きく吹かすと、博物館の扉に手を掛けたのだった。

・『第3章 ガンプと呼ばれた怪物』
「なんで休みの日まで、働かなきゃいけないの……」
ジュリはため息を着くと、目の前で破られつつある扉を見つめるのであった。
ジュリは、友人と参加した合コンの二次会で、廃病院での肝試しに誘われる。
だがそこは”ガンプ”と呼ばれる、異形の怪物が住むという場所であった。

**************以下、文字制限により、あらすじ略。


・『第4章 水にストーカーされる女』
・『第5章 長いトンネル』
・『第6章 異世界より』
・『第7章 天国地獄診断機』
・『第8章 愚者のハーレム』
・『第9章 祝福されし仔ら』
・『第10章 人家(じんか)』
・『第11章 オルハ評議会』
・『番外編 色欲の悪魔』
・『第12章 血濡れの守護天使』
作者名 重弘 茉莉
キーワード R15 残酷な描写あり  サスペンス スプラッタ 怪談 サイコホラー ダーク 女主人公 和風 現代 職業もの アクション ダークヒーロー オカルト ファンタジー ネット小説大賞六感想 挿絵あり
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 10月03日 20時19分
最新部分掲載日 2018年 02月16日 12時12分
感想 44件
※ログイン必須
レビュー 4件
ブックマーク登録 84件
総合評価 377pt
ポイント評価 105pt  : 104pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 138,128文字
N4361EH| 小説情報| 連載(全89部分) | ホラー〔文芸〕
 奏矢ジュリは普段には普通の女子大生であるが、依頼があればその手に大型チェーンソーを持って、異形なる者どもに立ち向かう。 ジュリは普通の人間には手に負えない依頼を、警察や個人から請け負う。そしてが依頼あれば、様々な異形//
N5814EM| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 ある暑い日の昼下がり。人の気のない街道を駆ける男が1人。男のちょんまげは大きく乱れ、その麻で出来た着物は、まるで水を浴びせられたように男の肌にピタリと張り付いていた。男の年は10代のあどけなさが抜けてない、まだまだ若輩//
N0495EM| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 12月14日、突然に核ミサイルが水上 早苗(みずかみ さなえ)の居る街に向けて発射された。 街は大パニックを引き起こし、ある人はシェルターに逃げようと人を押しのけ踏みつぶし、ある人は終末論を大声で叫び、ある人は犯罪に手//
N8431EJ| 小説情報| 連載(全2部分) | エッセイ〔その他〕
ホラージャンルにて連載している『怪異に乙女とチェーンソー』の没案やら、裏設定などを淡々と垂れ流すものになります。最初はああしたかったとか、当初はこんな予定だったとか、そんなことを掲載していく感じになります。 なんで物語//
N8649EJ| 小説情報| 連載(全16部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
遙か昔、イリオス大陸で邪悪な龍と邪神の連合軍がアーティファクトと呼ばれる兵器群を生み出した。その兵器は使い方1つで、街を焼き払い、地形を変え、海すら涸らすことが出来た。 そして後の世で邪龍大戦と伝えられる、聖なる神々と連//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ