ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4329CS

文通(意味深

短編
あらすじ 些細なことで死んでしまった尾木少年。彼は当もなくぶらぶらしていた。そして、生前通っていた学校へ行き、友人達の話を聞いていると……?
作者名 九田無
キーワード 現代(モダン) 幽霊
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2015年 06月12日 11時49分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 16pt
ポイント評価 8pt  : 6pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,572文字
N2244EM| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
怠いが口癖の少年「松尾雄太」は、ある日怠さのあまりに死んでしまう。しかし、気づけば彼は幽霊になっていた。幽霊のまま意中の少女「山田さん」をストーキングしていた松尾は、衝撃の事実を知ってしまうのだった。
N4342DX| 小説情報| 完結済(全16部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
山々に囲まれた町。霖雨が窓を叩く時、町に妖しい霧が満ちる。その時、町は狂い、霧へと消えるだろう──。免許を取りに田舎町へ来ていた青年は、ある異常気象のせいで、宿に閉じ込められていた。退屈に耐えかねて、外に出かけた彼の前に//
N1705CV| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
【ラウラ・エラポス=カヴール】は、悪役令嬢だった。前世の記憶を持つ彼女は、なんとか婚約破棄を避けようと奮闘する。しかし、あえなくそれは破れ、彼女は処刑されることとなった。彼女は家を逃げ出し、旅人となる。各地を回った彼女は//
N1780CU| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
──私があの巨大で、不可解な“足”を見たのは、まだ幼い……、保育園卒業まじかの時だった。齢でいうならば、六歳か七歳の頃だ── 幼少期に見た、何もかも潰す『謎の足』。歳を重ねようとも、少女の周りから“足”は消えることはなか//
N4329CS| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
些細なことで死んでしまった尾木少年。彼は当もなくぶらぶらしていた。そして、生前通っていた学校へ行き、友人達の話を聞いていると……?

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ