ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4310EB

鬼の神使いーインディアンと騎兵隊と武士(さむらい)の戦記― 続武士大神(もののふおおかみ)

あらすじ 元新撰組の「鬼の副長」は箱館戦争で戦死していなかった!
土方歳三は自身の親友から神としての生命と力とを受け継いでいる。歴史上、やはり同じように死んだことになっている者、生き残っていることになっている者、これら新撰組の仲間たちとともに日の本を飛び出した。行く先は亜米利加(メリケン)。ひとえにあの戦で自身の為に死んだ近藤と龍というかけがえのない友との約束を、願いを果たす為彼の地で新撰組の仲間たちと大暴れする。
 人種差別、生命(いのち)の重み、あらゆる絆に互いを、仲間を信じる心、各々の精神(こころ)のあり方・・・。
 土方とその仲間たち、インディアンや騎兵隊といった人間(ひと)が、東方の神々や新世界の精霊が、大いなる大自然や鳥獣が、それぞれの想いを織り成す。
 土方とその妻、そして息子、兄神と弟神、家族の絆も紡がれてゆく。
 つぎへと繋げる物語(ストーリー)・・・。
作者名 ぽんた
キーワード 残酷な描写あり  IF戦記 史実 時代小説 冒険 シリアス 男主人公 西洋 明治/大正 群像劇 ミリタリー OVL ネット小説大賞六感想
ジャンル 歴史〔文芸〕
掲載日 2017年 06月21日 02時58分
最新部分掲載日 2018年 02月25日 12時47分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 9件
総合評価 18pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 470,747文字
N4310EB| 小説情報| 連載(全164部分) | 歴史〔文芸〕
元新撰組の「鬼の副長」は箱館戦争で戦死していなかった! 土方歳三は自身の親友から神としての生命と力とを受け継いでいる。歴史上、やはり同じように死んだことになっている者、生き残っていることになっている者、これら新撰組の仲間//
N6651EK| 小説情報| 連載(全43部分) | 歴史〔文芸〕
大阪夏の陣に参戦する直前、真田信繁・大介親子は身の内に妖(あやかし)を宿すという親子と出会い、真田親子の影武者を務めようともちかけられる。その親子とは徳川将軍家の剣術指南役であるはずの柳生宗矩とその嫡男七郎(十兵衞)。信//
N2995DL| 小説情報| 完結済(全117部分) | 歴史〔文芸〕
後に新撰組として勇名を馳せた土方歳三。彼は優れた業物を持っていた。それは、齢十歳の少年だった。自らを妖(ばけもの)と称し、土方を主と慕う少年。その力は強大だった。そして、身の内に大神(狼)を宿し、ときには白き巨獣(狼)に//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ