ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4219EK

こころのいろ

あらすじ  先天性の視覚障害で、生まれてこの方、色を知らない主人公、一色千尋。
彼は他の人々が知っている、この世界の「美しさ」を知りたい。
 でも見える世界は白と黒だけ。
 他人に共感できない一色は、孤独を感じて内向的な性格をしている。
 そんな彼に、とある転機が訪れる。それは、生まれて初めて色のついた絵を見て「美しい」と思える作品に出会えたのだ。
 それを描いた作者は自分と同じ高校に通う同級生の水無月虹という少女。文化祭で見た彼女の作品を見て、一色千尋は感動を覚える。
 そして自分に色の美しさを教えてくれた水無月のことを知りたくて、彼女が所属する美術部への入部を決意した。
 いざ入部をしてみると、その瞬間から彼の世界は一変した――……

この物語は、色を知らない主人公が、絵を通して色や心。そして大切な絆を知る。
そんなお話。


本作品は自分の大学の卒業制作で作っている作品です。
少しでも読んでもらって、楽しんでいただけたら嬉しいです。
ほぼ毎日投稿です。物語は1〜2章は導入編で、3章以降から物語は動いていきます。

最後までお付き合いできたら、嬉しいです!

※注意事項※
 本編では視覚障害についての表現があり、そこでは「色覚異常」と書いていますが、これは年代を表すためにあえてそうしています(本編の時代背景は2000年初頭~2006年台とお考えください)
 その言葉は差別用語であり、現在では「色覚多様性」という言葉に変更されております。
 障害を扱うことは非常にナイーブなため、あらすじにて注意書きとさせていただきます。本編を読んで気を悪くされる方には本当に申し訳ございませんが、そういった仕様であることをご了承ください。

 また本編では挿絵を時々はさんでおります。こちらは友人であるラヨクくんに描いてもらっています。https://23015.mitemin.net/
 
 それでは、拙いところも多々ありますが、本作をお楽しみくださいませ!

感想評価、お待ちしております!
作者名 マッハでゴーだ!
キーワード スクールラブ 日常 青春 学園 ほのぼの ギャグ シリアス 現代 群像劇 微恋愛 美術部 挿絵 漫画 音楽 絵画
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 11月29日 19時30分
最新部分掲載日 2018年 02月25日 09時00分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 48件
総合評価 96pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 609,053文字
N4219EK| 小説情報| 連載(全59部分) | 現実世界〔恋愛〕
 先天性の視覚障害で、生まれてこの方、色を知らない主人公、一色千尋。 彼は他の人々が知っている、この世界の「美しさ」を知りたい。  でも見える世界は白と黒だけ。  他人に共感できない一色は、孤独を感じて内向的な性格を//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ