ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4165EK

少女たちは知らない

短編
あらすじ 「はぁ、何やってんだろう……」
空は青く晴れ渡っており、たまに吹く風は心地よい、絶好の外出日和。
そんな日に似合わない大きな溜息を漏らすのはアーシャがつい先ほど婚約者であるフランツに思ったままの怒りをぶつけてしまったからだった。
作者名 斯波
キーワード 女主人公 西洋 溺愛
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 11月29日 17時04分
感想 14件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 427件
総合評価 1,742pt
ポイント評価 446pt  : 442pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 9,717文字
N6084EO| 小説情報| 連載(全5部分) | 異世界〔恋愛〕
「この戦いから帰ってきたら聞いて欲しい話があります」--とリシェーラに言い残してディートリッヒは魔物討伐へと向かった。だが討伐から帰還したディートリッヒが彼女の元を訪れることはなかった。彼は彼女に何も告げずに城を去ったの//
N3077EO| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
『2月』といえば何を思い出すだろうか? ※『五番目の女』『唯一の女』の続編です。
N8052EI| 小説情報| 完結済(全7部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
突然のことだが、本日この時をもって我がシェパードレア家は貴族の地位を剥奪された。 その通達にやってきた兵士の胸ぐらを掴んで揺らすお父様とは正反対に私の心は冷めていた。 ※1話、2話は短編『爵位を剥奪されまして』『爵位を//
N3074EO| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
国の中心部、王都での用事を済ませ、ここから2日ほど乗り合いの馬車に乗って帰ろうとしていたリリノアの目に1人の少年が止まった。その少年の首には、手には、足には、いくつもの鉄の輪と鎖が繋がれていた。少年は奴隷だった。
N5980EG| 小説情報| 完結済(全61部分) | 異世界〔恋愛〕
幼いころ、大人になったら好きな人と結婚するのだと当たり前のように思っていた。それが当然のことであると信じて疑うことをしなかった。そんな私、モリア・サンドリアは借金の片としてカリバーン家に引き取られることになって--。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ