ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4113EI

たぶん誰の役にも立たない医療系エッセイ

あらすじ  筆者が仕事上経験した出来事や、耳にした「どうでもいい話」を掲載していきます。守秘義務に抵触する内容はありません。
 なお、私は医療従事者ではありますが、業界を代表しているわけではなく、ここに書かれている内容が関連学会の公式な見解というわけでもありません。

 気楽に、生ぬるくお付き合い頂ければ、幸いです。
作者名 Azurite(藍銅鉱)
キーワード 日常 医療 エッセイ お仕事 ノンフィクション
ジャンル エッセイ〔その他〕
掲載日 2017年 10月22日 11時52分
最終部分掲載日 2017年 11月20日 07時00分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 59件
総合評価 258pt
ポイント評価 70pt  : 70pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 30,064文字
N0055EK| 小説情報| 連載(全2部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
『飛鳥』シリーズ本伝。中央アジア風異世界ファンタジー。 記憶を失った娘が、砂漠の民に拾われた。タパティと名付けられた彼女は、銀髪碧眼、鳥の名を名乗る異邦人に出会う。自分が何者かを知るために、彼らは聖地〈黒の山〉を目指す―//
N4113EI| 小説情報| 完結済(全19部分) | エッセイ〔その他〕
 筆者が仕事上経験した出来事や、耳にした「どうでもいい話」を掲載していきます。守秘義務に抵触する内容はありません。  なお、私は医療従事者ではありますが、業界を代表しているわけではなく、ここに書かれている内容が関連学会の//
N3245EF| 小説情報| 完結済(全12部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
中央アジア風異世界ファンタジー、『飛鳥』シリーズ外伝。中編。 『太陽の少女』より約10年前、草原の民の話です。トゥグスの一人称+三人称。 (自サイト『The Spirit of the Mystic Valley』より//
N4373EE| 小説情報| 完結済(全5部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
中央アジア風異世界ファンタジー、『飛鳥』シリーズ外伝。 短編。シュラの一人称。 『太陽の少女』開始より約40年前、《星の子》降臨の物語です。 (自サイト『The Spirit of the Mystic Valley』//
N2529EB| 小説情報| 完結済(全92部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
新石器時代のシベリア風異世界。神霊を敬いながら暮らす〈森の民〉のもとへ、南から、太陽神を信仰する開拓者たちがやってきた。友好の使者として送られたマシゥと、狩人の青年ビーヴァの、友情と闘いの物語。 狩猟民族、シャーマニズ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ