ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4001DJ

金色の町

短編
あらすじ 金色の町は、去っていった人たちの住む町です。
その町の人たちからの視線は、いつも残された人たちへ
注がれていて、時に奇跡をもたらすのでした。
作者名 蠍座の黒猫
キーワード 文学フリマ短編小説賞
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2016年 06月22日 14時07分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 20pt
ポイント評価 10pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,418文字
N3007EM| 小説情報| 連載(全8部分) | 詩〔その他〕
聞こえなくても聞こえる音がある 文字とは一つの方法 鼓膜を介さずに内部へ言葉を届けるための方法 わたしたちはフィルターとして受け取り そして言葉を解き放つ
N7425EM| 小説情報| 連載(全1部分) | その他〔その他〕
美しさについて何を著す事が出来るだろう。唯書き連ねるのみだ。
N0103EM| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
一連がひとつひとつの詩なら振り向く表情のひとつひとつ探し始めた何か と、いうことです。
N9932EL| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
冬の真ん中で暦が転生する いつだって我らは置き去りのままだ
N0583EH| 小説情報| 連載(全22部分) | 詩〔その他〕
過去作の自選集です。 ジャンル改変以来、さわっていないものを含みます。 そのまま埋めて置こうかなとも考えたのですが、読み返すと我ながら面白かったので。 推敲していたり、していなかったりです。 *文字って凄いですね。もう//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ