ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3912EH

面白い小説を読み終えたとき、大抵の読者は満足してそのまま本を閉じる

短編
あらすじ 久しぶりに本を読んで思ったとりとめのないことを書いてみました。

近いうちにきっと凹むことになるであろう自分がこれを読んで少しでも安らげればいい。
作者名 柴咲もも
ジャンル エッセイ〔その他〕
掲載日 2017年 10月02日 20時29分
最終更新日 2017年 10月09日 09時56分
感想 11件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 17件
総合評価 334pt
ポイント評価 149pt  : 151pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,259文字
N3622CF| 小説情報| 連載(全42部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 異種族との交流を一切禁じ、人の姿で暮らす竜——竜人族。闇色の鱗を持つ青年ゼノは、禁を破り里を降りた親友イシュナードの消息を追う旅に出る。街道で野盗の襲撃を受け、人間の親子に助けられたゼノだったが、その出会いは予想だにし//
N3912EH| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
久しぶりに本を読んで思ったとりとめのないことを書いてみました。 近いうちにきっと凹むことになるであろう自分がこれを読んで少しでも安らげればいい。
N8554EF| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
この国の若い男女の盲目率が過半数を超えました。
N2380DX| 小説情報| 完結済(全54部分) | 異世界〔恋愛〕
「貴女と馴れ合うつもりはない。この館で自由に生きる代わりに家督を継ぐ男児を産めばいい」 叔父の勧めで結婚し、夫となったモラン伯爵が初めてミュゼールに告げた言葉は冷淡で残酷なものだった。 ――理不尽で身勝手な《狼伯爵》と誰//
N5585DV| 小説情報| 連載(全6部分) | ホラー〔文芸〕
 目が覚めると、銀色の大きな鳥籠の中にいた。  隻眼の男は厳かに告げる。「杯を取れ」と。  鉄錆に侵食された部屋、魔法陣と儀式の間、荒れたアトリエと天使の肖像。囚われた少女は寂びれた古城から逃げ出すことができるのか―― //

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ