ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3596CG

異界に行って神子

あらすじ プロットも何もなく思い付きで書いています。
消すかもしれません。

運は強いが勘は悪い、枇杷島 誠は、人生何度目かの事故を起こした。

たゆたう世界で出会った少年に導かれたのか、彼は異世界に跳ばされることに。

そこは、燃え尽きた村だった。
自分にのし掛かる重い誰かをどけてみると、どうやら自分はまだ幼い子供の様だった。
そして、その重い誰かは、どうやら自分を隠しながら死んだ肉親の様だった。

「あじゃぱー…」

天涯孤独な身の上から始まる異世界セカンドライフ。さて、書ききれますや?
作者名 馳 元嬉
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 08月20日 23時19分
最新部分掲載日 2016年 05月26日 22時32分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 14pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 16,012文字
N9594EA| 小説情報| 連載(全2部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
親からは常々言われていた。 金がないから大学いくな! とね。でもさ、 そういわれても、大学ぐらい行きたいわ、、 そんな少年は、愛想のよさと勢いで奨学金をゲットし、一人で西の果ての大学に入学した。 それはいいけど//
N7617EA| 小説情報| 連載(全1部分) | 歴史〔文芸〕
仕事中にぼちぼち下書き中
N4060DI| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
人生の絶頂がある人は、人生の絶頂がもう来ないんでしょうか。 人生の絶頂とか言ってる時点で、もう駄目なのかもしれません。 足りないものを埋めに行くのには、前に進む熱意がいります。 過去を振り返ってばかりでは、、
N1083DI| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
散歩が好きです。 ただし、夜に限る。
N1078DI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
正義が嫌いです。 正義の味方になりたかったから。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ