ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3488CF

余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です

あらすじ 魔法が使える者だけが通える、特殊な学園に強制入学させられた三葉。その日々は、ただただ地獄だった。落ちこぼれてクラスメイトにはハブられ、無理矢理ペアになったイケメン不良には虐げられ、担任教師には理不尽に嫌われる。友達は野良猫だけ。挙げ句の果てに、何者かに階段から突き落とされ、三葉は命を落とす。こんなことなら、もっと好きに生きればよかった……そう思った彼女に、天使だったらしい猫がいう。「それなら後六ヶ月だけ生きてみる?」、と。そして余命六ヶ月を手に入れた三葉は、開き直って好き勝手ライフを開始した!

――――「この六ヶ月、今度こそ私は後悔しないように生きる」そう決めた少女の奮闘記。

※本編完結済み。別で小話集あります。
【モーニングスターブックス様より書籍版発売中です】

作者名 編乃肌
キーワード 青春 嫌われ気味からの? 恋愛 頑張る主人公 死表現あり 魔法 落ちこぼれ シリアス展開あり ミステリー要素?あり 現代ファンタジー 本編完結済み 別で小話集あり
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2014年 07月27日 23時27分
最終部分掲載日 2017年 09月22日 20時40分
感想 411件
レビュー 16件
ブックマーク登録 11,109件
総合評価 37,835pt
ポイント評価 7,736pt  : 7,881pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 254,743文字
N4256EE| 小説情報| 連載(全18部分) | 現実世界〔恋愛〕
表では極普通の女子高生、裏では元引きこもりでオタクなマニア向け漫画家という、リバーシブル生活中な紬はある日、自分の過去作やらボツ原稿やらが眠る押し入れを開けた。するとそこには、自作品を真剣に読む、魔界から来たという角と尻//
N8741CX| 小説情報| 完結済(全20部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
【新紀元社様主催の『モーニングスター大賞』を受賞し、書籍化が決まりました。9月22日発売です。応援してくださった読者様には、心よりお礼申し上げます。ありがとうございます!】 こちらは、完結済みの長編『余命六ヶ月延長して//
N9930CT| 小説情報| 完結済(全19部分) | 現実世界〔恋愛〕
良家のご子息・ご令嬢である司郎(しろう)と立華(りつか)の二人は、親の決めた婚約者同士であり、その仲は決して良好とは言えなかった。キツイ性格で可愛いげのない立華に、嫌気が差し婚約解消まで考えていた司郎はある日、珍品収集家//
N3488CF| 小説情報| 完結済(全64部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
魔法が使える者だけが通える、特殊な学園に強制入学させられた三葉。その日々は、ただただ地獄だった。落ちこぼれてクラスメイトにはハブられ、無理矢理ペアになったイケメン不良には虐げられ、担任教師には理不尽に嫌われる。友達は野良//
N8589DJ| 小説情報| 完結済(全55部分) | 異世界〔恋愛〕
「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣きながらレイスに全力で腹パンして、「私もあんたなんて大嫌いよ!//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n3488cf

余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは - チラシの裏の読書感想文

余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です魔法が使える者だけが通える、特殊な学園に強制入学させられた三葉(みつば)。その日々は、ただただ地獄だった。落ちこぼれ
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-1872.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ