ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3218O

ゲシュタルトの庭で

あらすじ  ある日突然「私」に訪れた、日常という恐怖・・・・・・!
 次々と起こる異常な現象、全てのカギを握るのは、あの黒い写真立てだった。
 恐怖に打ち勝つために自ら語り続ける「私」が独白を終えたとき、最後の恐怖が「私」を襲う!
作者名 異島工房
キーワード 残酷な描写あり  日常 ホラー 独白 幻想
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2010年 10月15日 00時16分
最終部分掲載日 2010年 10月24日 23時06分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 9pt
ポイント評価 3pt  : 2pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 24,565文字
N9023EH| 小説情報| 連載(全6部分) | その他〔その他〕
『僕はどこにでもいる普通の高校生。 ある日、自分の部屋にトラックが突っ込んできて、死んでしまった。 気づくと目の前には神様がいて、 僕を異世界に転生させてくれるらしい。 しかも好きなチート能力を好きなだけつけてくれるとい//
N9328DP| 小説情報| 完結済(全24部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
『もし、あなたの周りに、ほんの数人だけ超能力者がいたとしたら、あなたはどうしますか?』 ――2057年、『ユング現出型統合失調症』と呼ばれる、超能力をもってしまう"病気"が医学の片隅で発見され、一般には伏せられたままの//
N1524DJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
社会の陽を浴びず、地底で好きなことを好きなときにすればよいと思っていた『六畳間の土竜(モグラ)』こと私(大倉)は、ある日隣に引っ越してきた岐部という青年と交流を持つ。
N8383BW| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
喧騒と静寂の只中にあった兄弟たちとの散文詩。
N8181BW| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
自由律、短歌、川柳など七編収録。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ