ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3217EG

恋の季節が過ぎたら

短編
あらすじ 好きだ、もっと前にそう言えていればこんな想いはしなかったかもしれない。今更だなんて言わないで。遥か昔に心の奥底に沈殿した想いも生まれて間もない想いも全部ひっくるめて、好きだ、と言おう。
作者名 菊池 匠
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 09月13日 23時48分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 10pt
ポイント評価 4pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,890文字
N6356EH| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
私を囲むのは嫌いなものばかりで、苦しくて息も出来ない。ほんの少しだけ夢が見られるのなら、雪に愛されたい、重力に愛されたい、夜に愛されたい、海に愛されたい。たった一人に愛されたい。
N3217EG| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
好きだ、もっと前にそう言えていればこんな想いはしなかったかもしれない。今更だなんて言わないで。遥か昔に心の奥底に沈殿した想いも生まれて間もない想いも全部ひっくるめて、好きだ、と言おう。
N2170EE| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
「いいか、お前は何もするな」 未来から来た自分に言われた。 その日から僕は何もしないことにした。 そして忠告を守り続けて五十年、ついに報われる日が訪れる。
N9081EC| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
「もし私が誰かとキスをしたとするでしょ」  彼女の質問はいつも僕を困らせる。    君ばかり知りたいこと知って、ずるい。  僕だって君のことを知りたい。  だって、ときどき分からなくなるから。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ