ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3206DI

わたしのものがたり

短編
あらすじ  先生にポスターを頼まれた。司書の先生に渡して欲しい、そういわれ頷く。
 ポスターは二枚あった。そのうちの一枚にはあった言葉は『文学フリマ』
 初めて見る催しの告知広告だった。
 
作者名 環 円
キーワード 日常 文学フリマ短編小説賞 高校生
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2016年 05月31日 17時14分
最終更新日 2016年 05月31日 17時49分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 54pt
ポイント評価 23pt  : 23pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 16,810文字
N3462CJ| 小説情報| 連載(全2部分) | 異世界〔恋愛〕
サーラレリット・リツヴァ・ランベルグ。 それは『彼女』が愛読していた小説に出てくる悪役令嬢の名だった。 サーラとなった彼女は来るべき未来に備えるための心構えをし、奮闘する決心をするも周囲の環境が余りにも粗悪化しすぎており//
N6961DK| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
最北に住まうといわれている魔女の元へ。彼は、走る。
N0112DK| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
立ち止まってもいい。後を振り向いてもいい。やってはいけないことなんてひとつもない。 大人がね、ああしなさいこうしなさいと言うのは、その人の経験に基づいている。 素直に従って落とし穴を回避してもいいし、嵌って痛みを確認して//
N3206DI| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 先生にポスターを頼まれた。司書の先生に渡して欲しい、そういわれ頷く。  ポスターは二枚あった。そのうちの一枚にはあった言葉は『文学フリマ』  初めて見る催しの告知広告だった。  
N9682DH| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
 見てしまった。それを無かったことには出来なかった。  育っていたこの気持ちに名前をつけることを避けていた。けれどそれももう終わり。  潔く、過去にしてしまおう。別れの言葉など聞きたくは無い。楽しかった、ありがとう。  //

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ