ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3109CE

にわにはにわにわとりが

あらすじ  日本からの転生者、レバルトの魔力はゼロである。
 魔力がないことで、無双どころか最弱と言って良いほどド底辺をはいつくばる彼には、俺TSUEEEなど夢のまた夢。
 地球からありとあらゆる知識や技術を持ち込んだ先人チートたちへの恨み言をこぼしながらも、細々と日銭を稼いで暮らすレバルトが、テーマパークでトラブルに巻き込まれたり、旅行先で強盗に狙われたり、スポーツ大会に引っ張り出されたりしながらも、やたらと冴える勘だけを頼りに切り抜けていく。
 自称アシスタントの銀髪チート娘、さわやかイケメンチート男、能天気残念系チート妹、天然スイーツ系ドジっ子ツインテ娘、クセっ毛のイジられチャラ男らに囲まれて、先人たち(日本人)のせいでいびつに発展した異世界を生き抜くレバルトが叫ぶ。
「異世界!」「転生!」「俺YOEEEEEeeeeeぇぇぇえええ゛!!?」
 いや、ちょっ……! 普通は異世界で転生と来たら「俺TUEEEEE」で「チート」で「ハーレム」とかじゃねえの!? 設定おかしくね!?
 せっかく魔法があるファンタジー世界に生まれたのに、何が悲しくて魔法も使えないモブキャラ扱いなのさ!
 ふざけんなよ! 責任者、出てこいやああああああああ!
作者名 高光晶
キーワード 異世界転生  残念な描写あり まわりがチート 俺YOEEEEE 山も谷も見せ場も無い 魔法 美少女 魔眼 奴隷 妹 トーナメント オッドアイ ネコが猛獣 ネット小説大賞五
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 07月01日 20時35分
最新部分掲載日 2017年 12月10日 21時12分
感想 24件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 787件
総合評価 2,049pt
ポイント評価 237pt  : 238pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 678,634文字
N3109CE| 小説情報| 連載(全138部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 日本からの転生者、レバルトの魔力はゼロである。  魔力がないことで、無双どころか最弱と言って良いほどド底辺をはいつくばる彼には、俺TSUEEEなど夢のまた夢。  地球からありとあらゆる知識や技術を持ち込んだ先人チートた//
N8955DP| 小説情報| 連載(全109部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
魔力で操られた剣が自在に宙を舞い敵を切り裂く『剣魔術』。 いまだかつて魔法史に記されたことのない新魔術の使い手であるアルディスは、討伐、護衛、調査など、報酬次第で様々な依頼を請け負う傭兵のひとりだ。 ある調査依頼の帰り道//
N1909DB| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
魔王さまは思いました。「いいかげん、倒されてばかりというのも飽きた」と。これはちょっとイタズラ心で本気を出し、勇者を蹂躙してみた魔王さまのお話。魔王さまいわく「魔王だってたまには無双してもいいじゃない!」 うん、でもね魔//
N3381CU| 小説情報| 完結済(全30部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
隆也は放課後になるとそそくさと下校する。部活をするでもなくアルバイトをするでもなく、しかし同級生の誰よりも忙しい日々を過ごしていた。子供の頃から持っていた特異体質で異世界へ移動する手段を持つ隆也は、その能力を活かして『地//
N0988CJ| 小説情報| 完結済(全23部分) | 空想科学〔SF〕
『僕たちは恨まれているのかもしれない』『誰に?』『未来にだよ』 春休みを間近にひかえたある日、少年は自称未来人を名乗る少女と出会う。「やばい、これっていわゆる電波ってやつか?」 少女の突拍子もない話にうろたえる少年と、自//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n3109ce

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ