ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2970EH

初めて水死体を見たときの話

短編
あらすじ わたしが、初めて水死体を見たときの話です。
このお話しは、《カクヨム》《作家でごはん》《エブリスタ》にも掲載しています。
作者名 izumi
キーワード R15 残酷な描写あり  日常 私小説 シリアス 女主人公 和風 昭和 水死体
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 10月01日 02時58分
最終更新日 2017年 10月02日 13時04分
感想 10件
レビュー 1件
ブックマーク登録 13件
総合評価 114pt
ポイント評価 43pt  : 45pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,273文字
N1016EI| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
文章らーめんを手打ちで引き伸ばしていく、らーめん屋の物語。
N9902EH| 小説情報| 短編| アクション〔文芸〕
主人公の富岡弘が走り続けて、戦闘ヘリから逃げていく話です。
N8427EH| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
私の甥っ子が、コンビニに行ったときの話。 駐車場で見知らぬ男に突然声をかけられて、腕時計を買わないかと言われた。そのときのやりとりの様子。
N2970EH| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
わたしが、初めて水死体を見たときの話です。 このお話しは、《カクヨム》《作家でごはん》《エブリスタ》にも掲載しています。
N9630EG| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
2人のOLが、BAR『おほさすれす』というお店に行く話です。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ