ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2902DD

正しい人

短編
あらすじ 『正しい人』は、どこにいるんだろう。
それはわからないけど、『彼女』はきっと、どこかにいる。
正義を掲げ、声高に主張する――
それはきっと、あなたの心の中にも。
作者名 譜楽士
キーワード 正しい 正義 自己顕示 自己承認欲求 こんな人いるよね
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2016年 02月15日 17時02分
最終更新日 2016年 02月15日 20時52分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 48pt
ポイント評価 24pt  : 24pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 471文字
N9427BV| 小説情報| 連載(全245部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
※宝島社様「このweb小説がすごい!」にタイトルが掲載されました。ありがとうございます!※ 高校から初心者で入った吹奏楽部は、女子だらけの部活動だった! これはそんな主人公・湊鍵太郎の、吹奏楽×青春×成長系×ハーレム?//
N8732EM| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
12/25、湊鍵太郎の家ではクリスマスパーティーが開かれることになった。 次々とやってくる吹奏楽部の女子部員たち。それぞれが食べ物や飲み物を持ち寄って、ささやかながらも楽しげなパーティが始まる。 しかしある一言で、鍵太郎//
N9266EI| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
ハロウィンの日、『僕』は馴染みの神社に行った。 そこにいるのは、狐耳の巫女服童女。この神社の神様だ。 ハロウィンを知らない日本の神様である彼女にも、少しはこのお祭りを楽しんでもらいたい。そう思った『僕』の行動とは。 狐//
N5826DU| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
吹奏楽部に入部したての貝島優。そして、そのひとつ年上の先輩、滝田聡司。 中学からの経験者であるちびっこ一年生は、どうしてあのうだつの上がらない、ひょろ長い先輩を意識するようになったのか。 それはほんの些細な、日常の出来事//
N8177CA| 小説情報| 完結済(全86部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
滝田聡司は、学校祭でドラムを叩いてくれないかと頼まれた。吹奏楽部での日常に不満があった聡司は、軽音部からのそのオファーに応じて――。 これは湊鍵太郎が吹奏楽部に入る一年前。川連二高吹奏楽部、ハーレム形成の失敗例にして成功//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ