ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2871EJ

異世界に転生したので楽しく過ごすようです

あらすじ  俺は死んだらしい。女神にそう告げられた。しかしその死は神の手違いによるものだと言われ、さらに生き返らせてあげるとも言われた。

 俺は、元いた世界ではなく、楽しく生きたい為だけに剣と魔法の世界を望む。すると何を思ったのか女神は、面倒なスキルと称号を俺に渡して、転生させた。

 あの女神は絶対に許さん!いつか殴ってやる!

 俺はそう心に誓い、旅を始める。

 これは、剣も魔法も有る世界に転生した男の苦労と苦悩と沢山楽しむ話である。

※主人公の名前は出てきません。お話の最後あたりに出る予定です。

 始めの方の話は語彙力とか皆無であまり面白くないかもしれませんが、根気よく読んで貰えると嬉しいです。

 それとこの作品は「小説投稿サイト ノベルバ」にも掲載しています。そちらの方もよろしくお願いします。
作者名 十六夜 九十九
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移  剣と魔法の世界 ハーレム チート 最強 成長を続ける主人公 鈍感系主人公? まったり
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 11月07日 01時02分
最新部分掲載日 2018年 02月21日 12時00分
感想 4件
レビュー 0件
ブックマーク登録 185件
総合評価 370pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 507,191文字
N2871EJ| 小説情報| 連載(全154部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 俺は死んだらしい。女神にそう告げられた。しかしその死は神の手違いによるものだと言われ、さらに生き返らせてあげるとも言われた。  俺は、元いた世界ではなく、楽しく生きたい為だけに剣と魔法の世界を望む。すると何を思ったの//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ