ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2810EI

秋の幽霊桜

短編
あらすじ ちょっとした短編を書きました。
作者名 ウサギ様
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 10月20日 00時15分
最終更新日 2017年 10月20日 00時16分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,850文字
N8781CN| 小説情報| 連載(全346部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 【魔】の名家の長男として生まれたルト=エンブルクには魔法の才がなかった。  ついには親にも見捨てられ、家を追い出される。  彼はその日食うにも困る、泊まることも難しい、身体に治りきっていない傷が増えていく……と、追い//
N2810EI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
ちょっとした短編を書きました。
N9838DG| 小説情報| 完結済(全99部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
 異能力者達の組織に育てられていた少年『水元 蒼』は、一人の少女を誘拐する任務を与えられた。  誘拐の対象であるら幼く可愛らしい少女『塀無 利優』を見た少年は、すぐさま組織を裏切り少女を守ることにした。  単独では少//
N3566EG| 小説情報| 連載(全21部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「俺が世界を救えば、彼女は戦わずに済む。 それだけのことだ」 片田舎で猟師をしていた青年ベルク=フランは自他共に認める凡人だった。 ある日、ベルクの幼馴染である少女が、古くからの言い伝わっている、世界を救う勇者であると//
N5857DR| 小説情報| 完結済(全6部分) | 現実世界〔恋愛〕
 今日この頃、昨今の若者は希望が持てていないと聞くけれど、ここから見れば希望に溢れて光輝いているようにさえ見える。  夜に小さな星の光が眩しいように、夢も希望もないこの高校からすれば公務員になりたいと言っている若者は星で//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ