ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2774EA

«文明開化»

短編
あらすじ 俺は小さな小さな星で生涯を終えた。

そして転生したのは故郷に近い雰囲気の環境・・・ではなく「チキュウ」だった。

奴は謝った。
「申し訳ございません。チキュウは最も・・・」
そこで俺は急にチキュウに転生した。
作者名 石ダ 燈
キーワード 異世界転生  シリアス 異星人主人公 SF 地球 文フリ短編小説賞2
ジャンル 宇宙〔SF〕
掲載日 2017年 05月31日 00時54分
最終更新日 2017年 05月31日 20時13分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 2pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,272文字
N2774EA| 小説情報| 短編| 宇宙〔SF〕
俺は小さな小さな星で生涯を終えた。 そして転生したのは故郷に近い雰囲気の環境・・・ではなく「チキュウ」だった。 奴は謝った。 「申し訳ございません。チキュウは最も・・・」 そこで俺は急にチキュウに転生した。
N2228EA| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
僕には嫌い人がいる。 そんなの当たり前だし、仕方ない。 人の悪口を言って終わりだ。 一般人ならば。 しかし、僕には生まれ持っての「才能」がある。 それが・・・
N2033EA| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
朝、強烈な頭の痛みを覚え、学校を休んだダイキは家の階段を踏み外して死んでしまう。 その先にあったのは白い世界一 そこで出会ったのは・・・ 新たな地で、新たな生活が始まる!!
N1618EA| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
僕にはじいちゃんがいる。 優しく、それでいて強かである。 そんなじいちゃんはよく言っていた。 「人のために何かをすることは・・・」

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ