ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2536EI

この学園に不当な婚約破棄などない。

短編
あらすじ 聖ベネデッタ学園の昼休み、人気のあるテラスで、突如として叫ばれた婚約破棄。背後に編入生の美少女を連れた第三王子殿下、顔を青くした婚約者の侯爵令嬢。それを現場で目撃した平民のベイリーは、訳知り顔で割り込んだ。「ところで殿下の個人資産はいかほどですか?」と。
作者名 萩野恵衣
キーワード 悪役令嬢 ギャグ 西洋 ハッピーエンド 婚約破棄
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 10月19日 16時13分
最終更新日 2017年 10月23日 13時14分
感想 4件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 597件
総合評価 2,750pt
ポイント評価 778pt  : 778pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,702文字
N5098EJ| 小説情報| 完結済(全3部分) | 異世界〔恋愛〕
聖ベネデッタ学園の昼休み、いつものテラス席の片隅で、侯爵令嬢マリアベーラは平民生徒のベイリーにある相談をしていた。「王弟殿下が素敵すぎて胸が張り裂けそうですわ」「すいませんその話長くなりますか」なんやかんや言いくるめられ//
N6051EI| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
聖ベネデッタ学園の放課後、お祭り騒ぎかと思うほど混雑している正門前にて。偶々現場に居合わせた平民の男子生徒ベイリーは呟いた。この上なく面倒臭そうな声で「うわあ……」と。
N2536EI| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
聖ベネデッタ学園の昼休み、人気のあるテラスで、突如として叫ばれた婚約破棄。背後に編入生の美少女を連れた第三王子殿下、顔を青くした婚約者の侯爵令嬢。それを現場で目撃した平民のベイリーは、訳知り顔で割り込んだ。「ところで殿下//
N1227BT| 小説情報| 完結済(全16部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
六能と呼ばれる特殊な能力を持ち、第一種から第五種までの人間から見て身体的に欠損が存在する者のことを、第六種として区別する世界。教会は六能の悪用を防ぐために彼らを保護する義務があり、毎日のように第六種は教会の騎士たちによっ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ