ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2492EB

夢見る鹿島の星間戦争

あらすじ  鹿島容子(かしま ようこ)の憧れは名将の名補佐官。古い言い方をすれば名参謀。いや、軍師なんていってしまってもいい。けれど鹿島は星系軍でも主計部秘書課。数字のエキスパートでも後方担当のジミ~な立場。鹿島は「また戦争があれば、私だって総軍司令官の秘書官で!」などと不謹慎なことを妄想しつつ安穏とした日々を過ごしていたのであったが、そこへ……。
作者名 茅野可南子
キーワード R15  ヒストリカル オリジナル戦記 スペースオペラ 女主人公 未来 ミリタリー 宇宙戦争 恋愛 宇宙戦艦 電子戦 架空史、架空戦記 群像劇 星球大賞2 兄妹(微) ネット小説大賞六
ジャンル 宇宙〔SF〕
掲載日 2017年 06月18日 07時13分
最新部分掲載日 2017年 11月19日 06時36分
感想 3件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 34件
総合評価 85pt
ポイント評価 9pt  : 8pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 481,919文字
N2492EB| 小説情報| 連載(全86部分) | 宇宙〔SF〕
 鹿島容子(かしま ようこ)の憧れは名将の名補佐官。古い言い方をすれば名参謀。いや、軍師なんていってしまってもいい。けれど鹿島は星系軍でも主計部秘書課。数字のエキスパートでも後方担当のジミ~な立場。鹿島は「また戦争があれ//
N2198DV| 小説情報| 完結済(全126部分) | 宇宙〔SF〕
「戦争を終わらす。一緒にやりませんか」  グランダ軍の司令部で暇を持て余していた千宮氷華は、そう男に誘われた。  誘ってきた男の容姿は悪くはない。ついつい不純な動機で承諾したら艦艇勤務へ(実質左遷)。  惚れた弱みで男に//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ