ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2341CS

僕とボクの日常攻略

あらすじ 吸血鬼の「僕」と座敷童の「ボク」。
袖振り合うもなんとやら。人では無いこの二人が手を取ると、絡む困難がやってくる。振り回されて思い悩んで。平穏な日々はいつになったら手に入る?
作者名 水無月龍那
キーワード 残酷な描写あり  伝奇 日常 ほのぼの 人外 男主人公 現代 オカルト
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2015年 06月07日 10時57分
最終部分掲載日 2016年 04月03日 22時48分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 18pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 122,223文字
N2288DV| 小説情報| 連載(全110部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
常和第三学園には怪談話がとても多い。 その数は七つに留まらず、生徒達は今日も口々に噂する。 ハナコさん、こっくりさん、人体模型に図書委員――「彼ら」は今日も噂され、時には呼び出され。生徒達と交流しながら面白おかしく過ごし//
N7353EM| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
頭にスパナが直撃して。僕は世界から消えた。 「うん。君ね。世界のバグに当たったんだ」 目の前に現れた男はそう言って、僕にいくつかの選択肢を示した。 僕はその中から一番マシなもの――他の世界で生きることを選んだ。 「殴った//
N4479ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
浦野ドリームランドには、いくつものジェットコースターがある。 その中のひとつ。シューティングスライダーの中で僕は目を覚ました。 「ああ、電気をつけないと」 そうして僕は、出口を目指して歩き始める。
N7908EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
廃園となった遊園地にやってきた僕達は、息を切らせて駆けていた。蒸し暑い夏の夜。観覧車の前で僕が見た物の話。
N2434DZ| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
僕は君が大好きで。大切で。でも、絶対に会っちゃいけなくて。 そんな「僕」が、最期の我が儘を叶える話。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ