ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1995EI

夢十夜 ありもしない記憶(第九夜)

短編
あらすじ 私は確信を持って言い、また行動した。しかし他人の指摘の度に私には新しい記憶が生まれ、自分の主張が根本的に誤っている事を理解するのだった。
作者名 前田雅峰
キーワード
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 10月18日 11時18分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 10pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,076文字
N5321EM| 小説情報| 連載(全5部分) | エッセイ〔その他〕
『雅峰生の手紙』から抜粋です。
N9690EM| 小説情報| 完結済(全2部分) | 純文学〔文芸〕
沼尻鉄道に奉職した順次は仕事を憶えながら、故郷で働ける事を日々喜んで暮らす。順次のあたたかい家庭がそれを支える。 順次は沿線の綺麗な娘が気になるが、或る日都会に出て成功した順次の同窓生がその娘と結婚するのを知り、自分の貧//
N4968EK| 小説情報| 完結済(全14部分) | エッセイ〔その他〕
『雅峰生の手紙』から抜粋です。
N7011EL| 小説情報| 完結済(全2部分) | 純文学〔文芸〕
私は或る廃線跡で、私と同じ様にその場所を訪ねて来た少年に出逢う。そして少年と色々話をするうちに、現在の自分を深く顧みる事になるのだった。
N7052EK| 小説情報| 完結済(全3部分) | 純文学〔文芸〕
私の母方の伯母『おばちゃん』は、いつも貧しかった。子供の私は何とかおばちゃんを助けてあげられないかといつも思っていた。 大人になった私はおばちゃんの暮らしを助け始めるが、助けながらおばちゃんに教えられている事に気が付く。//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ