ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1978DJ

旅立たぬ旅人をぶち殺しに行くのだ

短編
あらすじ 彼はようやく旅に出ることにした。しかし、家の戸締りなど、様々なことが気にかかってなかなか旅立てない。ついに布団で寝はじめてしまった彼の寝息を、とある老賢者が耳にする。その老賢者は、旅人が訪れるという予言に従い、彼のことを朝からずっと待っていたのだが、風に運ばれてきた彼の寝息を聞いて激怒し、彼をぶち殺しに出掛けるのであった。
作者名 はじ
キーワード 旅 旅人 老賢者 戦闘 文学フリマ短編小説賞
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 06月18日 10時37分
最終更新日 2016年 08月19日 10時47分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 19pt
ポイント評価 10pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,247文字
N7837EF| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
さざなみ さざなむ さざなみむ
N1943EB| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
子どもの頃、徒競走で転倒してしまったぼくは、その原因となった靴ひもを固く(しめ)るようになる。さらにそれ以外の身に着けるものもきつく(しめ)はじめ、精神的な拘束を求めるようになったぼくは、ついに自分自身から(しめ)出され//
N8393DY| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
この街には二本の煙突がある。ひとつは遥か遠くからでも見えるほど巨大な煙突、もうひとつは存在が希薄な煙突。父は巨大な煙突を掃除することが仕事で、ぼくは父の仕事についていくのが好きだった。
N1512DY| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
本を読み歩くぼくには、天敵がいる。彼女は様々な手段を駆使し、本を閉じさせようと画策している。
N7120DW| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
吸血鬼は自分勝手に語り、ゾンビは自分の存在を考える。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ