ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1900EM

New ∅rder

あらすじ  ぼくたちの秩序が、使命を拒絶した。

 二十二世紀のはじめに勃発した第三次世界大戦と呼ばれる世界中を巻き込んだ戦争の果てに「永遠の冬」は訪れた。それは冬のあとに冬が来る、空も大地もすべてが真っ白に覆われた白銀の世界。人類は地上で生活することが困難になり、冬が明けるまでプラハの地下の巨大なシェルターで冷凍睡眠することとなった。
 百年後、冬が明けたサラエボで人類より一足先に目覚めたアンドロイドのライカは、人類を目覚めさせるためにプラハへ向かう。


 カクヨムにも同じものを掲載しています。
作者名 そるにゃん
キーワード R15 残酷な描写あり  近未来 人工知能 ディストピア
ジャンル 空想科学〔SF〕
掲載日 2018年 01月02日 20時26分
最終部分掲載日 2018年 01月14日 00時36分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 24pt
ポイント評価 9pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 110,602文字
N1900EM| 小説情報| 完結済(全18部分) | 空想科学〔SF〕
 ぼくたちの秩序が、使命を拒絶した。  二十二世紀のはじめに勃発した第三次世界大戦と呼ばれる世界中を巻き込んだ戦争の果てに「永遠の冬」は訪れた。それは冬のあとに冬が来る、空も大地もすべてが真っ白に覆われた白銀の世界。人//
N5583EC| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
 オンラインFPSゲームの中で知り合ったコトーという女の子とオフ会デートをすることになったぼくは待ち合わせに一時間早く来てしまう。余暇を持て余したぼくは近くの喫茶店に入る。そこで同じアニメが好きな青年と出会って……

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ