ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1766CK

僕の諭吉おじさん

短編
あらすじ 「これあげるわ。使用期限は今日中ね」
母さんから突然渡された一万円。戸惑いながら、小学生だった僕はその使い道を考えた。
そして月日が流れ大人になった僕は、この一万円の本当の意味を知った。
作者名 greed green/見鳥望
キーワード ミステリー 第十五期テーマ短編  10000 一万円 諭吉おじさん
ジャンル その他〔その他〕
掲載日 2014年 11月29日 00時06分
最終更新日 2017年 03月07日 10時17分
感想 104件
レビュー 2件
ブックマーク登録 1,066件
総合評価 8,589pt
ポイント評価 3,186pt  : 3,271pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,482文字
N6737EK| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
「俺は、変わらねえから」 二人の帰り道、僕と私のルールが崩れた時、僕達の何が変わるんだろう。
N9345EJ| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
ぽつんと置かれた夫の携帯。 私は夫、隆一との幸せな結婚生活を送ってきた。しかし、ずっと不安を抱えてきた。 "私で本当に満足しているのか" 置きっぱなしにされた携帯の中を見れば、その答えがあるかもしれない。 私は、彼の携帯//
N8322EI| 小説情報| 完結済(全6部分) | ホラー〔文芸〕
雨が降る学校のグラウンドの鉄棒。彼女はいつもそこに立っていた。 「ここに意味があると思うの」 そういう彼女に、僕は自分と同じ理由を感じ彼女に近づく。 全てを知った時、その理由を僕は彼女と共有する。 一つの想いを胸に。
N7005EH| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
僕の働く工場で、相次いで作業員が指を飛ばし退職する事態が続き、とうとう日頃お世話になっている先輩社員までもがその犠牲者となってしまった。僕は先輩の為にこの不可解な事態に立ち向かう事にした。 その最中で僕はある言葉を耳にす//
N4586EG| 小説情報| 完結済(全15部分) | ホラー〔文芸〕
気が付いた時、私は動かぬ電車の中にいた。 誰もいない車内、弟の樹理雄(きりお)のもとに帰りたい一心で出口を探す私の前に現れたのは、首のない人間だった。 ここは現実か、虚構か。 記憶と目の前の異常の中で、私は樹理雄の笑顔を//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n1766ck

僕の諭吉おじさん【短編】 - きもおたねっと。

 著者 greed green  コメント 小説家になろうの短編において「最高傑作」と呼んで差し支えない作品。 ポイントは5520(記事執筆時点)。 すごい数字ではありますが……これでも全く評価さ
URL:http://kimoota.net/n1766ck/

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ