ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1712EI

寂しがり屋の朝

短編
あらすじ 子供の頃から一人が苦手な私は夢が覚めるのを待ち続けます。
作者名 春風 月葉
キーワード 日常
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 10月17日 19時52分
最終更新日 2017年 11月28日 18時18分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 661文字
N0541EL| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
川の上流で一隻の笹舟を流した。
N8879EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
彼がいないクリスマス、ひとりぼっちのクリスマス。
N8095EK| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
うるさいサイレンと共に、私は今日も人を救うつもりでいた。
N6072EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
その公園のベンチには一人の女性が座っていた。 何をするわけでもなく、ただそこに座っていた。
N4245EJ| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
目の前には不思議な町並み。 私はこの不思議な町へと引っ越す予定だったらしい。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ