ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1608CL

白いしっぽと私の日常

あらすじ 見えるから、愛しい。見えないから、愛おしい――。犬神筋の家に生まれながらも霊力の低い私の側には、白い犬神の『雪尾』がいる。白いしっぽだけしか見えない、私の犬神だ。ある日、雪尾の姿を見ることができる青年と出会い……。見えない私と見える彼、そして、白いしっぽ。二人と一匹の、少し不思議な日常を描いたショートストーリー集。
※本編完結済み、番外編と後日談を更新中。
※第四回ネット小説大賞にて入賞、12月17日にぽにきゃんbooksより書籍発売予定です。
作者名 クロサキリク
キーワード 日常 怪談 犬神 怖くない不思議話 ほのぼの もふもふ 切ない 恋愛 現代ファンタジー 猫又 ほっこり シリアス
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2014年 12月24日 00時21分
最新部分掲載日 2017年 12月30日 17時35分
感想 31件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 3,497件
総合評価 9,700pt
ポイント評価 1,346pt  : 1,360pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 251,889文字
N7371EN| 小説情報| 連載(全15部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
「あの……奥様は幽霊なのですか?」「ええ、そうなの」  ――天涯孤独の少女・結月(ゆづき)は、ある理由で田舎から帝都・東京に出てきた。住み込みの仕事を探していたところ、天方(あまがた)家で女中として雇われる。穏やかな旦那//
N6421EO| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
 ある日、同学年の美少年、五十里(いかり)くんに告白された。理由を聞いたら、「文野さんがおいしそうだから。齧ってもいい?」と言われて噛み付かれた。食人鬼の美少年・五十里くんに告白された私の、いろいろな意味でドキドキな日々//
N2102EA| 小説情報| 連載(全29部分) | 推理〔文芸〕
 1920年代末の日本帝国、光和五年の春を迎えた帝都・東京。ドイツ人の母を持つ美貌の青年・千崎理人(せんざきまさと)は帝大卒のエリートながらも、家も金も職も持たぬ自堕落な生活を送っていた。ある日、居候先から追い出されそう//
N1608CL| 小説情報| 連載(全98部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
見えるから、愛しい。見えないから、愛おしい――。犬神筋の家に生まれながらも霊力の低い私の側には、白い犬神の『雪尾』がいる。白いしっぽだけしか見えない、私の犬神だ。ある日、雪尾の姿を見ることができる青年と出会い……。見えな//
N9405DS| 小説情報| 連載(全20部分) | ホラー〔文芸〕
 勤めていた会社の工場が閉鎖し、転職先を探していた小神日那子(おがみ ひなこ)が偶然見つけた『おかず開発部』のポスター。料理の『おかず』だと思った日那子だったが、なんと『おかず』=『オカルトグッズ』の略称だった!少し風変//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n1608cl

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ