ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1499CB

へらへら王子といらいら姫の新婚一ヶ月目

短編
あらすじ 超大国から同盟先のド田舎国に嫁いだフィリア。何もかも夢見た結婚とは程遠いし、寝室から見えるのは一面の畑なんてそもそも有り得ない。一番腑に落ちないのは肝心の旦那様でした。/【即興小説トレーニング】にて『お題:最弱の高給取り』で書いた話を改稿して掲載致しました。
作者名 春馬
キーワード 恋愛 王族 国家/民族 美形
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2014年 04月06日 22時07分
最終更新日 2014年 04月06日 23時17分
感想 3件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 28件
総合評価 267pt
ポイント評価 107pt  : 104pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,105文字
N1499CB| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
超大国から同盟先のド田舎国に嫁いだフィリア。何もかも夢見た結婚とは程遠いし、寝室から見えるのは一面の畑なんてそもそも有り得ない。一番腑に落ちないのは肝心の旦那様でした。/【即興小説トレーニング】にて『お題:最弱の高給取り//
N0649BZ| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
土岐は明日、遠くへ行ってしまう。残されたのは、土岐の暗号文。
N6970BY| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
先生から、私を心配する葉書が届いた。こんなにも恨みがましい返事を何時間も掛けて書いても、投函することは出来なかった。先生とのつながりを、自分の手で絶つことなんて怖くて、出来なかった。そんな時、先生からの分厚い手紙が、届く//
N6940BY| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
私は文を送った。返事は来ない。それでも、私はまた筆を取る。何度でも、何度でも伝えようと思う。私の拙い文がキミに届く日を信じて、何度でも、何度でも。そんな私の背後から、建て付けの悪い玄関戸を開く音が、聞こえてくる。
N1605BY| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
深夜のコンビニと、そろそろ枯れ始める年頃の男性と、素直じゃない若い店員の小話。 /『俺が深夜のコンビニに行く理由について。その冒頭部分』の続きです。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n1499cb

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ