ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1192DJ

God Only Knows

あらすじ 地の底に還れ、鉄の棺桶よ。
作者名 雨宮吾子
キーワード 文学 現代 文学フリマ短編小説賞
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2016年 06月16日 17時54分
最終部分掲載日 2016年 06月17日 21時00分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 12pt
ポイント評価 4pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 19,650文字
N2903EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
秋人が春の目覚めと名付けた出来事に遭ったのは、五月に入ろうとしている頃のことだった。
N8467CC| 小説情報| 連載(全34部分) | その他〔その他〕
掌編小説などを収めた作品集です。どうぞお楽しみ下さい。
N4942EC| 小説情報| 連載(全5部分) | 詩〔その他〕
詩作、試作、思索、シ作。 星空文庫に投稿したものを収めた自由詩篇です。
N2762EH| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
優しく繊細な彼は、踊り子の彼女を愛おしく思っていた。 まだ若い二人の間に生じた溝は、ある世情とは関係ないところに存在していた。 この作品は「カクヨム」にも掲載しています。
N1138ED| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
待ち合わせ場所で、すれ違い。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ