ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1116EL

もう聞こえない

短編
あらすじ あなたには、聞こえますか。


この街に戻ってきた。
15年前、大学進学を機に出たこの街に。

私を置いて変わっていく街。変わっていく時代。
置いていかれてばかりだと思っていたけれど。

夜の散歩に出かける、お父さんと娘のお話。
作者名 鯨井あめ
キーワード 日常 男主人公 現代 父親 娘 夜 しんみり
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 12月13日 20時39分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 38pt
ポイント評価 15pt  : 15pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,116文字
N6516EM| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
目から鱗が落ちたこと、ありますか。 「俺の、ちょっと変わった体質の話」 大学生の男女ふたりの不思議な会話。 ことわざ、慣用句、故事成語。意識して使わないけれど、生活の何処かに転がっているそれらは、改めて見てみるとおも//
N1116EL| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
あなたには、聞こえますか。 この街に戻ってきた。 15年前、大学進学を機に出たこの街に。 私を置いて変わっていく街。変わっていく時代。 置いていかれてばかりだと思っていたけれど。 夜の散歩に出かける、お父さんと娘//
N7801EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
「松下? ちょっと頼むから来てくれよ」 「何に?」 「合コン」 「いつ?」 「今から」 ゼミの仲間から誘われて、俺は人数合わせで駆り出されることになった。正直なところ、彼女はいらない。今の俺には魅力がないだろう。 就//
N9907EI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
「5年間の旅行に出かける」 この両手に残った感覚について。 夕食を食べたばかりの、とある夫婦の愛の話。 残酷表現があります。人によってはかなりつらく感じるかもしれません。お気を付けください。
N7534EH| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
漫画家(の卵)として日々努力を重ねる毎日にも、そろそろ限界が見え始めた。ちょっとした何か、ちょっとした助けがほしい。ささいなことで構わないから、誰か!! ――と、思っていたのかもしれないし、思っていなかったのかもしれない//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ