ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1091EI

羽振村妖怪譚

あらすじ ぼくは鈴太(りんた)。大学受験に失敗した直後、突然弁護士さんが現れ、おじいさんが亡くなったので葬儀に出てほしいと言った。連れて行かれた山奥の村がすっかり気に入ったぼくは、おじいさんの乾物屋を継ぐ決心をして移住する。そんなぼくの前に次々に妖怪が現れる!
作者名 支援BIS
キーワード 残酷な描写あり  天狐 やまびこ ぶらり火 こなきじじい ひでり神 長壁姫 金霊 鉄鼠 水虎 火車 骨女 鵺 邪魅 野槌 天井下 天逆毎 雨師 風伯 蚩尤 黄帝 空海
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 10月16日 15時12分
最新部分掲載日 2017年 11月19日 00時00分
感想 106件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1,841件
総合評価 5,357pt
ポイント評価 832pt  : 843pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 238,970文字
N3930EH| 小説情報| 連載(全24部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
〈片目狼〉の異名を持つ冒険者レカンは、富と力が得られるという〈黒穴〉に出会う。相棒の冒険者とともに〈黒穴〉に飛び込むレカン。目を覚ましたとき、彼はたった一人でみしらぬ世界にいた。その世界には魔法があり、迷宮があり、魔獣が//
N1091EI| 小説情報| 連載(全31部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
ぼくは鈴太(りんた)。大学受験に失敗した直後、突然弁護士さんが現れ、おじいさんが亡くなったので葬儀に出てほしいと言った。連れて行かれた山奥の村がすっかり気に入ったぼくは、おじいさんの乾物屋を継ぐ決心をして移住する。そんな//
N5011BC| 小説情報| 完結済(全184部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物を味わう気ままな一人旅に。彼は知らない。それが大陸中で語り継//
N1226DK| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
私の机の上には、一本のボールペンがあった。持ち主の名前は知っている。しかし、それがどこの誰であるかは知らなかった。今日までは。
N2244DC| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
騎士ポーク・ヴェンダーは、主君の無念を晴らすため、代理人として決闘の場に赴く。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ