ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1028BP

Manuscript

あらすじ その『男』は生まれつき『何か』を持っていた。
この世に生まれ落ちて二十三年間、それを深く考えることはなく、祖父母と共に平穏に暮らしていた。
『男』は祖父の死を切欠に実家の納戸の整理を行い、ある物を見つける。薄暗い納戸の最奥に保管されていた、考古学者だった父の『手記』と一冊の怪しげな『本』。それは今は亡き両親が二十三年前に遺したものだった。
亡き父が『手記』に残した恐るべき出来事。読めぬ書体で書かれた謎の『本』。
『男』が『本』に触れると、恐ろしい夢を見る。そして、再び目を開けるとそこは異世界であった。
『男』が生まれつき持っていた『何か』、それは強大な魔力。『男』は「元の世界へ帰る方法」を見つけるため、強大な魔力、そして『魔導書』を手に異世界を駆け抜ける。
――――まるで何かに操られるかのように。

※「異世界」「主人公最強」「ちょいグロ」をテーマとしております。苦手な方はご注意ください。
作者名 ZAZA
キーワード R15 残酷な描写あり  ファンタジー 主人公最強 チート 魔法 オカルト 異世界 魔法使い/魔女 奴隷 獣人 神? クトゥルフ神話
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2013年 04月07日 01時11分
最新部分掲載日 2013年 10月01日 13時44分
感想 4件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 77件
総合評価 263pt
ポイント評価 55pt  : 54pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 256,777文字
N1028BP| 小説情報| 連載(全31部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
その『男』は生まれつき『何か』を持っていた。 この世に生まれ落ちて二十三年間、それを深く考えることはなく、祖父母と共に平穏に暮らしていた。 『男』は祖父の死を切欠に実家の納戸の整理を行い、ある物を見つける。薄暗い納戸の最//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ