ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0980EL

偏愛侍女は黒の人狼隊長を洗いたい

あらすじ “坊ちゃま”を愛してやまない侍女ミリヤムが、主の為に思い余って飛び掛ったのは砦の長、黒い毛並みのヴォルデマーだった。

思い込みのはげしいミリヤムが毛だらけの砦で、獣人族の隊士達を相手に風呂場を襲撃したりブラッシングしたりしながら痴女あつかいされるラブコメ?です。(最近はずっと餌づけされてますね。笑)

もふもふをもふりたい書き手による、突っ込みどころの多いお話。
主人公はあれですが…基本平和なので、深刻なお話を読みたくない、そんな時に笑っていただけたら幸いです。坊ちゃまは二章以降に登場予定です。
R15は今のところ男湯に突っ込んでいく主人公の為で、完全なる保険です。


1月12日 寒さについていけてません。肩こりと頭痛に苦しんでます。皆さんもご自愛下さい。



アルファポリスでも投稿中。
作者名 あきのみどり
キーワード R15  異類婚姻譚 ラブコメ ギャグ 人外 ハッピーエンド 女主人公 人狼 侍女 主従関係
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 12月13日 13時43分
最新部分掲載日 2018年 01月16日 11時16分
感想 15件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3,736件
総合評価 8,614pt
ポイント評価 566pt  : 576pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 85,134文字
N0980EL| 小説情報| 連載(全31部分) | 異世界〔恋愛〕
“坊ちゃま”を愛してやまない侍女ミリヤムが、主の為に思い余って飛び掛ったのは砦の長、黒い毛並みのヴォルデマーだった。 思い込みのはげしいミリヤムが毛だらけの砦で、獣人族の隊士達を相手に風呂場を襲撃したりブラッシングした//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ