ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0910EK

僕は小鳥と話す

短編
あらすじ 窓から入ってきた小鳥に、僕は語りかける。
作者名 鶏肉
キーワード 青春 小鳥 シリアス 男主人公 現代 自宅
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 11月23日 00時05分
最終更新日 2017年 11月23日 11時51分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,032文字
N0910EK| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
窓から入ってきた小鳥に、僕は語りかける。
N4248EJ| 小説情報| 連載(全3部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ケモミミ、尻尾、そしてモフモフ。 あらゆる動物を愛していたシンヤは、唯一現実でモフることのできない擬人化ケモミミに憧れを抱いていた。 その気持ちが叶う日がきたのか、彼は第二の人生で触れた生き物を擬人化する能力を手に入れる//
N5459DM| 小説情報| 連載(全33部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
女性恐怖症こと長谷川瑞樹はその症状の通り女性が大の苦手だ。直視することも近寄ることも、ましてや触れることなど論外である。 そんな彼がふと目を開けた先は異世界だった。そしてなんと彼が神様から授かった能力は、なんとあらゆる女//
N6923EH| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
小さい頃の思い出をふと思い出すことはないだろうか。 その時は辛いと思っていた思い出でも、今となってはとても楽しかった思い出だったり、ちよっと後悔するような思い出だったり……。 経験は、今の自分を形作る大切なものの1つだと//
N7444EE| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
タイトルがネタバレ。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ