ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0744P

或る死刑囚の懺悔録

あらすじ  〇拘置所内の特別面会室で、処刑前の死刑囚と篤志面接委員が最期のお別れをする。
 三方向の視察孔からと、天井の監視カメラから、監視の職員が見守る中で、信じられないことが起きた。
 お茶を飲んで歓談するうち、篤面の木下氏が崩れるように倒れたのである。青酸中毒死だった。
 死刑制度廃止論者の元裁判官による執行妨害自殺か、それとも秘かに手に入れた青酸カリで行われた、今成死刑囚による瀬戸際の延命殺人なのか、法務省に激震が走る。
 施設サイドの捜査結果に納得がいかない大阪地検が、捜査にのり出した。
作者名 なしか 空
キーワード 死刑制度の問題 裁判における真実 冤罪 姉弟愛 死刑の実情 極左暴力 刑務官の苦悩 フロイト 処刑
ジャンル 推理〔文芸〕
掲載日 2010年 11月22日 20時58分
最終部分掲載日 2011年 06月12日 14時12分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 12件
総合評価 24pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
ポイント評価受付停止中
開示設定 開示されています
文字数 225,672文字
N9066BJ| 小説情報| 完結済(全250部分) | 推理〔文芸〕
巨悪の王に挑んだ田川の侠客・城島特捜部検事は、返り討ちにあって刑務所で暗殺された。 その愛妹・民子も兄の潔白を叫んで留置場の独房で縊死した。 悪魔のように嗤い、魔女のように微笑む、インターセックスの刺客・青山姪臣と刺し違//
N2566CI| 小説情報| 完結済(全27部分) | 現実世界〔恋愛〕
彼は、交通事故で家族を一挙に亡くして、一生働かないでも食べていけるほどの遺産を相続した。 それによって他人との関係をうまく築けない自病を持つ彼は、仕事を辞めて、煩わしい人間関係から開放された。 親類縁者や、コミュニティー//
N6168P| 小説情報| 完結済(全129部分) | 推理〔文芸〕
 一覧性双生児の姉・明美は、些細なことから妹の宵美からイか焼きの竹串で心臓めがけて一突きされ、危うく死ぬとこだったけど、幸い内蔵反転で心臓が逆に付いていたから助かる。  両親はいさかいの絶えない二人を引き離すため、妹の宵//
N0744P| 小説情報| 完結済(全72部分) | 推理〔文芸〕
 〇拘置所内の特別面会室で、処刑前の死刑囚と篤志面接委員が最期のお別れをする。  三方向の視察孔からと、天井の監視カメラから、監視の職員が見守る中で、信じられないことが起きた。  お茶を飲んで歓談するうち、篤面の木下氏が//
N7097L| 小説情報| 完結済(全38部分) | 推理〔文芸〕
 ーー強盗殺人現場に残されていた鮮やかな血紋の主は誰か?  ーーソール紋の主は?  東京地検特捜部検事とその妹が、殺人・死体遺棄容疑で愛知県警に、そして東京の短銃強盗殺人事件の容疑者としても警視庁の追及を受ける。  強//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ