ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0324BM

さぁ、明日からも

あらすじ 近頃人里で働いている仙人がいる。そんな話を聞いたのは今朝の事だった。珍しい事もあるものだ。基本的に仙人とは、何かしらの“悟り”を開いた者であり、働くなどといった俗な行動は滅多にとらない。そうであるのにも関わらず、態々人里で労働に勤しむなど……。酔狂な仙人か、はたまた唯の偽物か。どちらにしても丁度いいと、作業に詰まっていた自分は気分転換にそいつを見に行く事にした。    *   *   *    このお話は他サイトに掲載したものです。
作者名 のんの
キーワード 東方Project F0004-4 二次創作 脇見運転 霍青娥 宮古芳香
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2012年 12月31日 07時10分
最終部分掲載日 2012年 12月31日 07時15分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 5件
総合評価 10pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 15,436文字
N1603DJ| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
一輪が雲山とお出かけするお話です。 この作品は「東方創想話」に投稿しています。
N3139BM| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
「おかしい、明らかにおかしい」私、八雲藍は洗濯物を取り込みながら一人ごちた。そう、おかしいのだ。絶対に。溜息を吐きながらいつも着ている導師服と下着を洗濯籠に放り込む。この作業はもう二か月程前からずっと続いている。我が八雲//
N0324BM| 小説情報| 完結済(全4部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
近頃人里で働いている仙人がいる。そんな話を聞いたのは今朝の事だった。珍しい事もあるものだ。基本的に仙人とは、何かしらの“悟り”を開いた者であり、働くなどといった俗な行動は滅多にとらない。そうであるのにも関わらず、態々人里//
N4299BL| 小説情報| 完結済(全4部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
紅魔館が昔から抱える問題。それは、大多数の妖精メイドの仕事率があまりにも悪い、ということだ。勿論しっかりと仕事をこなすメイドだっているにはいるのだが、如何せんその他が酷い。私、十六夜咲夜はその状況に端を発しようと、行動を//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ