ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0165DJ

二度目の中学時代

短編
あらすじ 帰ろう……あの時に。気づけば実家に帰ってきていた。
作者名 灰色の猫
キーワード バックレ 文学フリマ短編小説賞
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2016年 06月14日 03時37分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 5pt
ポイント評価 4pt  : 1pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,375文字
N2779DQ| 小説情報| 連載(全2部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
死にたい人に、生きろというナイフを突き刺した。
N1938DQ| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
死にたいと願う頭と、生きたいと思う手足。
N9915DB| 小説情報| 連載(全133部分) | その他〔その他〕
創作と現実の境目が分からなくなった人間の日記。読者は思う。「こいつ、やばいな」俺は思う。「やばいって言った人がやばいんだ」以下ループ。
N6329DP| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
死にたがりの何度目かの最後の書きなぐり。
N5267DP| 小説情報| 連載(全1部分) | その他〔その他〕
要は無計画な短編集。書く必要はあっても、読む必要はない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ