ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0145EB

プラスチックと銀

短編
あらすじ 私は母を捨てた。そんな出だしから始まる、千沙と母の関係。文フリ短編小説賞2への応募作です。
作者名 芹沢紅葉
キーワード 日常 ハッピーエンド 現代 文フリ短編小説賞2
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 06月13日 17時36分
最終更新日 2017年 10月13日 17時04分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,554文字
N0606EB| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
時は平安。千代は昔のままの姿で現れた。彼女から語られる五十年前の真相とは。 文フリ短編小説賞2への応募作品です。
N0589EB| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
じいちゃんが死んだ後のお話。ケイは祖母からあるノートを手渡され……。 文フリ短編小説賞2への応募作品です。
N0586EB| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
あるお盆の話。カイは帰省してきた従弟、アオイと遊んでいたが――。 文フリ短編小説賞2への応募作品です。
N0584EB| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
世界の滅亡が決まった日、天使は下界へと降りてきた。 文フリ短編小説賞2への応募作品です。
N0249EB| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
巴はある夜、妖と出会う。その妖は、巴にとって魅力的な条件を提示してきてーー。 平家物語「木曽の最期」からのオマージュ作品。 文フリ短編小説賞2への応募作品です。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ