ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0084EJ

黒猫お嬢様とネズミ執事3ー晴れと雨ー

短編
あらすじ 猫の王国では雨降り続き。黒猫お嬢様が「もううんざり」と部屋でダラダラ過ごしています。日向ぼっこもできないので「太陽の匂いがしなくなったわ」と言われたネズミ執事は「空を晴れさせてみせましょう」と歩き出しました。久しぶりにお嬢様の顔がぱあっと明るくなり、執事を追いかけていきます。
作者名 黒杉くろん
キーワード R15 残酷な描写あり  異類婚姻譚 身分差 年の差 ラブコメ お嬢様 執事 猫 ネズミ ネット小説大賞六 ネット小説大賞六感想
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 11月02日 09時24分
感想 3件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 46件
総合評価 278pt
ポイント評価 93pt  : 93pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,634文字
N6203CQ| 小説情報| 連載(全191部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
【書籍化】TOブックスから5巻(12/9)が発売です。応援ありがとうございます! ※ 「ここ……どこ?」 普通の女子高生レナは、気がついたらなぜか異世界トリップしていた。ギルドを訪れると、適性職業は『魔物使い』のみだと//
N0458EF| 小説情報| 連載(全17部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
女子高生の美咲は、雑貨屋さんを巡るのが趣味。ある日、商店街の片隅に和風の雑貨店【四季堂】を見つけた。「あんなお店、あったっけ?」恐る恐る足を運ぶと、店主の沖常(おきつね)が出迎える。なんと頭には白銀の狐耳が!「素敵なコス//
N2961EJ| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
ある日、仲良く散歩していた黒猫お嬢様とネズミ執事の前に、白猫お嬢様が立ちふさがりました。 「あなた、おかしいですわ! 猫とネズミの婚姻なんて! 規律を乱すのはいけません!」 黒猫お嬢様が言い放ちます。 「まあ。なんて//
N2867EJ| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
黒猫お嬢様とネズミ執事は、主人と使用人でありながら、婚約者でもあります。 高貴な猫の食べ残しはネズミが片付ける決まりです。 ある時、黒猫お嬢様は金の瞳をキラキラさせて問いました。 「あなた、主人の食べ残しを口にしてキスの//
N0084EJ| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
猫の王国では雨降り続き。黒猫お嬢様が「もううんざり」と部屋でダラダラ過ごしています。日向ぼっこもできないので「太陽の匂いがしなくなったわ」と言われたネズミ執事は「空を晴れさせてみせましょう」と歩き出しました。久しぶりにお//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ