挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ショート・メルヘン

卒業 おめでとう

作者:雪 よしの
僕は脂汗をながしながら、リハビリ室で、階段を上り下りする練習をしている。
事故後、半身不随になるところを、ここまで回復できたのは奇跡だそうだ。
あと、もう少しなんだけど、まだ一人では 階段を登れない。


僕、川島弘樹と、親友の里中由紀夫、中川祥は、 3人でいるところ、事故にあった。
暴走した乗用車がつっこんできたんだ。

強い衝撃のあと、空を飛んだのまではおぼえてる。
目に見えるものは、夏の青い空だけだった。
そして気がつくと、見知らぬ部屋で僕はいろんな管や線につながれていた。
それからしばらく、時々目をさましては、しばらく眠る日々が続いたそうだ。


リハビリから帰ると、里中と中川が僕の病室にいた。

「よ、見舞いにきたぜ。どうよ調子は?」
中川は、僕のベッドに腰かけて、笑ってる。
「明日の卒業式だけど、先生がスロープを手配してるみたい。」
里中は、ちょっと心配げである。

そう、明日は高校の卒業式。入院してる間、出張授業や、
課題をもらったり、一人で試験に受けたりして、単位をとるため、
頑張った。正直、体のしんどい時も多かったけど、約束したんだ。
3人一緒に卒業するって。

明日は、病院から直接学校へ行き(母さんに車椅子を押してもらってだけど)
そうして、退院する。もちろん、リハビリのため通院はするけど。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
卒業式には、ギリギリで間に合った。
卒業する生徒は名前を呼ばれ、壇上で校長先生から卒業証書をもらう。
これだけの事だけど、僕は式に出たかったんだ。

僕の名前が呼ばれる。
「川島弘樹 君」

はい、と返事をして車椅子で体育館の真ん中を、壇に向かって進む。
壇上までは、4段の階段があり、僕は卒業証書を受け取るのに、車いすを降り、
母さんと担任の先生に介助してもらいながら、やっとあがった。

「卒業、おめでとう。よく頑張りました」
校長先生から言葉を証書と一緒にもらい、握手をした。

続いて、里中と中川の名前が呼ばれた。
母親同伴だ。母親二人は、緊張している。


「やった~俺たち、卒業したぜ。さらば、窮屈な高校時代。」
中川は、式の最中というのに、大声ではしゃいでる。
「3人とも無事卒業できて、よかったね。あの事故でどうなるかと
思ったけど、川島もよくなったし」
「中川、里中、ありがとう。二人の励ましのお見舞いがなかったら、
僕は、頑張れなかったよ。途中で人生を放棄してたかも。」

この時、僕は、時間よ止まれ!って、ベタな事を必死に神様にお願いした。
当然、却下だろうけど。

「さて、俺たちも曲がりなりにも卒業できた。
じゃあな、川島。俺たちはもう逝くから、元気で頑張れよ」
「いつも見守ってるから」

二人の姿が次第に空けていく、向こう側の壁がみえるくらいに。
僕は”行かないで”って、いうのを、唇をかんで我慢した。
二人は透けた体のまま、窓から空へ消えて行った。


あの夏の事故で、里中と中川の二人は即死。
僕だけは重症ながらなんとか生き延びたんだ。

二人の母親たちの嗚咽が、廊下から聞こえる。
校長のはからいで、卒業証書だけもらった二人。
病室で、僕と一緒に勉強し、リハビリでは応援してくれた。
二人の姿は、僕にしかみえなかったけど。

ありがとう。二人との約束だから僕は泣かない。

外に出て、僕は、まだ冬の北国の青空をじっと眺めていた。

卒業おめでとう 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ