挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

298/553

【SS】熱砂の猛特訓(2)飛行靴編

 ――楽しかった。
 動けなくなるまで遊んでミーアの作ってくれた水のベッドで休憩中。
 ポチも横で寝てる。

 アリサと一緒にご主人様とルルが転移してきた。

「みんな体に痛いところとか無いかい?」

 ご主人様が心配そうに聞いてくるけど、大丈夫。
 どこも痛くない疲れて寝てるだけ。みんなも同じ答えを返してる

「加速門を使ったカタパルト発射と『殻』を展開した滑空ボード機能は上手く動いているみたいだね」
「でも、砂漠ならともかくポチみたいにバランスを崩したら、危ないんじゃない?」
「ポチは怪我してないですよ?」
「うん、普通だったら幾ら砂がクッションになるっていっても、あの速度だと砂漠でも大怪我をしちゃうよ。でも、滑空翼になる箇所以外も『殻』の薄い膜が搭乗者を守っているから、多少の衝撃は大丈夫だよ」

 ご主人様の説明は難しいにゃん。
 もうちょっと判り易く言って欲しい。

 ルルのくれた「すぽーつどりんく」を飲んで元気回復~?
 飲み終わったコップをルルに返して、タマと同じように判っていないポチと一緒に手信号で遊ぶ。

「じゃ、次は飛行靴の方を試そうか」
「前に偽クラウソラスを飛行させるのに使っていた魔法回路ね。ようやく人も浮かべられるようになったの?」
「アレとはまた別の回路だよ。燃費が凄く悪いけどね。これに使ったのはオレの天駆を模した魔法回路なんだ」

 ご主人様のくれたピンクのブーツを履く。
 踵の横に付いた小さな羽根が可愛い。

「靴に魔力を通すと一瞬だけ力場が出来て体を支えてくれるよ」
「あい~」
「がんばるのです!」

 にゅにゅ、難しい。
 きゅっと踏むと、足が引っ付く感じ。しゅっと抜くと落とし穴に落ちた時みたいになる。

 でも、大丈夫。
 だって、タマは忍者だから。

「おお、さすがタマだね」
「うは、空中を歩いてる。やるわね~」

 ご主人様とアリサが誉めてくれる。
 もっと、誉めて。タマは誉められて育つの。

「むむぅ」
「あうち! なのです」
「難しいモノですね」

 横ではミーアとポチが上手く行かなくて砂に顔から墜落した。
 リザはそもそも地面に吸い付いて浮かび上がれないみたい。

「がんば~」

 空中を散歩しながら、皆の応援。ご主人様に貰った「天晴れ」と「ヒノマル」の扇子を両手に「ちあがーる」の舞いを踊る。
 応援のときはコレだってアリサが教えてくれた。

 ありゃりゃ、目が回る~?

「大丈夫かい、タマ」
「空が回る~?」
「魔力切れだね。やっぱり、まだまだ改良が必要そうだ」

 ご主人様にお姫様だっこして貰いながら魔力を分けてもらった。
 せっかくだから、このまま皆の応援をしよう。

 ご主人様の腕の中が暖かくて、なんだが幸せ一杯で眠くなってきた。
 お、応援しないと……。

 ――ムリにゃん。
 眠気の人は強すぎなの。

 ……おやすみなさ~い。ZZzz。
※SS=ショートストーリーなので短いのは仕様です。
 明日のトレル卿のは幕間並みの長さの予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ