挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

180/553

SS:ポチの怖いモノ

※サトゥー視点ではありません。
 ポチ視点のSSです。

※1/2 誤字修正しました。

「ポチ、いい話を教えてあげようか?」
「その顔は悪い顔なのです。アリサがポチを騙そうとしているのです」
「や~ね、そんな事無いわよ?」

 アリサがスゴイお話をしてくれたのです。
 これで魚生活とはお別れできるのです。

「ご主人さま! 大変なのです」
「どうした?」
「えーっと、えーっと、そう、ポチはお肉が怖いのです」
「へー、そりゃ大変だ」
「ヤキニクを見せられたら?」
「怖くて倒れそうなのです」

 アリサに言われた通り、顔を手で覆って、精一杯怖いアピールをしたのです。

「じゃあ、ステーキなんか見せられたら」
「悲鳴を上げて気絶しちゃうのです」

 今度は頭を抱えてしゃがむのです。

「そっか~、ポチも大変だね」
「そうなのです、大変なのです」

 ご主人さまが、アリサ言ってたみたいに笑ったのです。
 これで今晩はお肉なのです!

 だって、肉の焼けるいい匂いがしてきたのです~♪
 晩御飯が楽しみでワクワクなのです!


「おいし~」
「美味です、ご主人さま」

 あれ? あれ? 待ってなのです。
 可笑しいですよ?

 周りをキョロキョロみると皆の席にはステーキがあるのにポチの皿には。

「どうして、焼いたお魚なのです?」
「ポチは肉が怖いって言ってたから魚にしておいたよ。早く言ってくれたら良かったのに」

 ご主人さまがニッコリと笑ってくれます。ちょっと幸せな気分なのですが、違うのです。お皿を持ってオロオロしているとアリサが悪い笑顔で声をかけて来たのです。

「どうしたのポチ? お魚も美味しいわよ?」

 あ、アリサにやっぱり騙されたのです。

「はい、ポチ、お茶も怖いかもしれないから水だよ」

 ご主人さまがクスクスと笑いながら水の入ったコップをくれたのです。アリサが教えてくれたオチまで先に言われてしまったのです。

 夢もチボーもないのです。

 ガクリしながら魚さんを見つめていると、ルルがステーキのお皿と交換してくれました。

「もう、ご主人様もアリサもポチちゃんが可愛いからって遊びすぎです」
「ごめん、ルル、ついね」

 肉、肉なのです!
 ビックリして周りを見回すと、みんな頷いてくれたのです。

「ご主人さま、食べていいのです?」
「いいよ、沢山食べなさい」

 今度からは普通にご主人様に「肉が食べたいのです」と伝えるのです。
 それから、ルル、ありがとなのです。
※2013/07/14 の活動報告に掲載したSSの再収録です。

>ポチに「まんじゅうこわい」の昔話を教えてあげたい。
 という感想から生まれたSSです。

 この辺りから、ポチが弄られキャラに。
 なお、ポチの魚の皿はスタッフが美味しく頂きました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ